NPO法人 日本カイロプラクティックフィジシャンズ協会オフィシャルサイト 

Chiropractic Physicians Association of Japan - Non Profit Organization

     
      本会設立主旨

   
          現在、WHO(世界保健機関)より独自医療として認証され、殆どの先進国に於いて公的資格として認められ

          るカイロプラクティックではありますが、日本国内におけるカイロプラクター(カイロプラクティック療法従事者)をとり

          巻く環境は、身体への接触を行う手技的療法にも拘らず、国の資格制度ではなくへの患者である受術者保護

          に加わえ施術者自身のトラブルについては、自己防衛と責任が問われる事となっています。



          当協会ではケーススタディを通し、これらのことを円滑に対処できるよう事故トラブルを起こさないための施術者・

          協会会員)への認識と生涯教育を重要に考え、定期的な技術チェックをはじめとした、万一の事故に備えた

          損害賠償保険の加入により、メンバー術者への擁護を行っています。


          また一般(国民)へのカイロプラクティック普及と啓蒙活動により、人々の健康管理への関心により、カイロプラク

          ティックへの誤ったイメージの是正と治療意義を広く紹介するため普及・広報活動を行ない、会長をはじめとする

          監事・理事・参事の役員構成により設立を致しましたNPO(非営利特定)法人です。

          会員特典
                1. 協会加盟のカイロプラクティック従事者損害賠償保険加入。
                2. 当協会主催の定期セミナーや研修への参加資格と受講割引。
                3. 定例会による会員相互の交流と情報交換。
                4. 登録後1年以上経過者への本協会認定章の授与。
                5. 認定更新制度による技術検定。
                6. 患者マネージメント及びトラブルによる法律相談。
                7. カイロプラクティック院(会員)紹介と広報活動の代理業務。
       会長 ごあいさつ
     “ カイロプラクティックを愛するひとり ”としてメッセージを贈ります。


        本協会はカイロプラクティックに従事する者の身分向上と権利を守り、一般で認識されるカイロ

        プラクティックの正しい理解と安心を提供できるメンバーの集まりとして、普及・啓蒙と広報活動

        を主旨に掲げ、NPO(非営利特定法人)として設立致しました。

        当協会指定のカイロプラクティックフィジシャン養成機関は、Hands Practice College東京です。
         
        コチラの学校にて2年間規定の単位を修得され、修了された方を認定会員としてお迎えしています。
         
         
        “カイロプラクティックを語る上でかかせない”のは、「哲学と科学性」です。

       “物事全てに原因があり結果がある。”つまり「哲学」によってカイロプラクティックは近代に継承

        されていることを忘れてはなりません。私たちカイロプラクターは、原則として病気の原因である

        "サブラクセーションを発見し、取り除くことにあります。

        従って、正確な検査に基づく診断ができなければ“よい結果”へと導くことは困難であるといえます。

        臨床経験を重ねていくうちに種々の疾患に対応できる能力が備わってきますが、基礎が備わって

        いないと軸がぶれることとなり、応用段階で迷い戸惑ってしまいます。

        我々は常に平常心を保ちつつ初心に戻り、基盤となる検査法や技術を揺るぎなく維持、継続させ

        なくてはならないと考えています。

        結果として治療者側の意識や技術力によって、来院される患者さんの疾患レベルも変わってくると

        いっても過言ではありません。種々の疾病や症状に対し日々学び、適切な判断と解決する能力が

        要求されることとなってきます。その取り組む姿勢と努力こそがよい結果を生み出してくれるもの

        であると確信しています。

        私は米国のカイロプラクティックの最新事情と情報の収集を行い、HPCの講義や本協会のセミナー

        などに反映して参りましたが、日本との格差を感じると共にこれら隔たりを埋めるには正当なカイロ

        プラクティック教育とそれらを共に継承してくれる仲間、メッセンジャーとして人材育成の確保が不可

        欠であると考えるに至りました。

        人は皆、自然治癒力を備えています。脳からそのエネルギーを伝達する過程に於いてコントロール

        できなければ、健康状態に影響を与えます。その道を正しい状態に戻すことによって、健康回復を

        はかること…それがカイロプラクティックの目的です。


        当協会は、カイロプラクティックの正当性と効果を会員相互で共有し、伝えることのできる集まりと

        して未来永劫、メンバーが誇りを持ち“社会に貢献できる協会”でありたいと考えています。



                             NPO法人 日本カイロプラクティックフィジシャンズ協会
                                      会長 Grant Reid D.C.,C.C.E.P

Dr.Grant Reid Profile
1958年カナダ生まれ(アメリカ国籍)

ローガンカイロプラクティック大学(B.S.)
ライフカイロプラクティック大学(D.C.)次席卒業。四肢専門医

ワシントン州認定ワーカーコンサルタント医師に選任。CBP公認インストラクター

サンフランシスコにてカイロセンター3軒を運営後、1997年HPCに来日。
2007年まで主任講師として教鞭を奮う。HPC東京理事、CPAJ協会会長。
2000年初版 カイロプラクティックマニュアル(脊柱編)/(四肢編)の著者。
医道の日本社

                                       会    則 (抜粋)


           第1章 総 則
             (名 称)
               第1条 本会は日本カイロプラクティックフィジシャンズ協会 英名;Chiropractic Physicians Association
                   of Japan(CPAJ)と称する。
             (目 的)
              第2条 本会はカイロプラクティックを業とする者が集まり、会員の資質向上と有意性をはかり以下の目的
                   を掲げる。
                  1)会員は知識や技術を経験を通し知恵に変えこれを継承し、徒手医学としてカイロプラク ティックの
                    発展に貢献する。
                  2)会員相互の知識・技術の共有化によって国民に対し安心できるカイロプラクティック技術を提供。
                    カイロプラクティックの社会的認知向上に貢献する。
                  3)本会は会員を擁護し、また会員の経営する施術院の盛業支援を行う。
                  4)会員の活躍の場を提供、本会に所属による会員相互の仲間意識の共有。
             (事務局) 
              第3条 本会の事務局を必要な地に置く。

            第2章 事 業
             (事 業)
              第1条 第2条の目的を達成するために次の事業を行う。
                   1)情報提供 2)会員の資質向上 3)会員の交流・親睦 4)施術院盛業支援。
                   5)会員保護 6)カイロプラクティックの認知と地位向上への啓蒙活動など。

            第3章 事業、会計
             (事業及び会計)
              第1条 本会の事業および会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1ヵ年とする。

            第4章 会 員
            (種 別)
              第1条 本会の会員は、認定会員・一般会員・法人会員および名誉会員の種別にて構成する。
                   1)認定会員・・・役員会が認めたカイロプラクティックの養成機関(2年制以上)を修了した者。
                   2)一般会員・・・カイロプラクティックへの理解と啓蒙活動に協賛し入会を希望する者。
                    3)法人会員・・・入会希望により役員会で推薦し、総会で承認された法人。
            (入 会)
              第2条 本会への入会希望者は、所定の申込書に入会金および当該年度会費を添えて本会事務局に提出。
                  役員会の承認を受けなければならない。第2項;正当なる理由が無く、会費未納及び無届にて退会した者。
                  退会時から3年間は入会を認めない。
                   改めて入会する場合は、退会時の未納費と入会金および年会費を納入と共に役員会の承認後とする。
            (義 務)
              第3条 本会の会員は、次ぎの義務を守らなければならない。
                   1)会費を納入しなければならない。 3)住所及び姓の変更は速やかに連絡を行うこと。
                   2)会則を遵守しなければならない。
            (休会および退会)
               第4条 本会を退会しようとする者は、書面を以って退会届を提出しなければならない。
                  また、特別な理由で休会する場合は、書面を以って休会届けを提出し役員会の承認を得ることを前提
                  とする。休会は2年を限度とし、2年間を超えた場合は自動的に退会とみなされる。
            (変更事項)
              第5条 会員は結婚や養子縁組など、姓名、連絡先住所・電話番号など変更の場合、事前に事務局に連絡
                  を行う。         

            第5章 会 費
            (会 費)
              第1条 本会の入会金および年会費は、次ぎの通りである。
                   1)認定会員・・・入会金 10,000円、 年会費 15,000円 (損害賠償保険料別途)
                   2)一般会員・・・入会金 10,000円、 年会費 30,000円
                   3)法人会員・・・入会金 20,000円、 年会費 50,000円
                  入会年度の年会費は、4月1日から翌年3月31日 入会の場合は全額、 半期10月1日から3月31日
                   入会の場合は半額とする。認定会員に於いての再入会は、退会時の状況を踏襲し役員会の承認を
                   得ることが優先され、3年間分の年会費納入が義務付けられる。

            第6章 役 員
            (構 成)
              第1条 本会に次の役員をおく。 1)会 長・・・1名 2)副会長・・・1名 3)会 計・・・1名
                                 4)理 事・・・若干名 5)参 事・・・複数名 6)顧 問・・・若干名
            (職 務)
              第2条 各役員の職務については次の通りとする。
                  1)会長は本会の象徴的代表であり会を統括する者。
                  2)副会長は会長の補佐を行い、会長不在時にその職務を代行する。
                  3)会計は本会の資産および財産を管理し財務を処理する。
                  4)理事は会長の指示に基き会務を分担それを処理する。
                  5)参事は理事会に於ける決定事項の補佐を行い会運営を円滑にはかる。
                  6)顧問は役員会から意見を求められた場合に助言を行う。
            (選 出)
              第3条 役員は推薦された者より互選、総会で承認を受けなければならない。また顧問は理事会が選出し
                   委嘱する。 (任 期)
             第4条 役員の任期は3年とする。
            (解 任)
              第5条 次の場合、役員の解任動議を提出することができる。
                  1)本人の事情により、本人が解任願を提出した場合。
                  2)役員会において、解任動議が提出された場合。 
                  3)会員の3分の1以上の署名を添えて、会員より解任動議が提出された場合。
                  4)解任は、役員総会において3分の2以上の同意を必要とする。

協会の活動

NPO講座


本協会認定会員は、カイロプラクティック普及・啓蒙活動の一環としたカイロプラクティックの歴史や哲学をはじめとするカイロプラクティックの成り立ちや健康をテーマに日常生活に活かせる運動及び栄養指導などを一般の方々を対象として行う講座です。

日々のカイロプラクティック施術活動では、説明に時間がないという先生が月1回でも時間を設けて、体の構造からカイロプラクティックの役割など本協会の主催にて説明を行えるというものです。


* 受講費用は無料。講座の修了証発行の場合、1名につき発行費¥1500-要。



活動条件


・ 本協会認定会員であること。(年1回の更新を行い会員維持を行っている者)
・ 講座開催に際しては、物販の販売や介入など一切行ってはならない。
・ 患者さんをはじめ、カイロプラクティックに関心を持つ方を対象とする。
・ 講座内での説明に関する施術や講座費用に於ける徴収は行わない。
・ 健康管理及び予防医学を提唱し、その他の目的に於いての講座を行わない。



本講座は、予防医学としての正しいカイロプラクティックを理解して貰い、日々の生活に於ける健康管理に役立てて頂くため、具体的な栄養指導から体操に至るまでを簡潔に分かりやすく、一般に普及していくことを目的としています。


私たちNPO活動の目的は、病気にならない元気な心と身体を維持して貰うための予防医学の提唱にあります。高齢化が進む現代において、多くの方々がカイロプラクティックによって、喜んでもらえるよう地域貢献していくことが本会員の使命であり、元気な地域づくりへと“誰もが健康で幸福な生活”環境が提供できることを願っています。
           

         
Non Profit Organization

C.P.A.Japan




 本協会認定会員 開業先 リンク総合ページ 詳細を表示



 卒後テクニックセミナー 卒後セミナー 詳細を表示





会則・ご入会規約につきましての詳細は、事務局にお問合わせ下さい。

         
NPO(非営利特定)法人日本カイロプラクティックフィジシャンズ協会 
東京都新宿区/渋谷区/目黒区 (代表) 03-5312-6075





COPYRIGHT NPO法人 日本カイロプラクティックフィジシャンズ協会 All Rights Reserved.

ハンズプラクティスカレッジ