カリキュラム

HOME

トップ > カリキュラム

カリキュラム概要

Hand in Hand to help the Other !
人を癒すスペシャリスト養成

医療分野に於いて誰もがより良い生活が送れるQuality Of Life (Q.O.L) 「選択と質」が問われる時代へと変遷を辿っています。


本学は、予防医学であるカイロプラクティックと東洋医学をベールとする整体法の相互にある共通点を学び総合的な習得が可能です。人間が備えている自然治癒力を蘇らせる方法や手段を学び、社会貢献できる人材育成を主眼としています。外部の治療院経営者をはじめ、本業界の関係者から当卒業生が高い評価を得ている理由の一つとして「HPC出身者には共通するポリシーがある」と話されます。さて、その理由は一体どこにあるのでしょう。

整体・カイロプラクティック 学校|HPC東京 Hands Practice College - 深くよく学べる!
独自の教育法 (Merit System)

最初に整体授業で身体に触れ慣れる事から始まります。半期ごとに反復履修する事で、カリキュラムの内容が分らない箇所を補い前半で履修した内容で後半に理解度を深め、授業の選択ができる教育法(メリットシステム)による進行です。 働きながら学び、効率よく身につく様に配分されたプログラムです。


ポイントは反復履修です

初心者が新しいことを学習するためには、効率よく吸収できる記憶のメカニズム。スモールステップ分習法(サブジェクトを習得順に区切り、小さい目標ごとに到達確認を行い進行する学習システム)を採用。記憶のメカニズムは、感覚記憶・短期記憶・長期記憶の3段階に分かれています。
まず、情報が最初に訪れるのが感覚記憶ですが、ここに貯蔵されるのは、およそ5文字までの情報で、持続時間も目からの情報で1秒耳からの情報では4秒とされています。感覚記憶の中でも注意を向けた情報のみ短期記憶へと送られています。 ただこの短期記憶でも維持時間は15秒以内と短く、情報量も極わずかです。短期記憶から長期記憶に移行するためにはリハーサルが必要です。

暗記をスムーズに行うためには、情報を何度も思い返したり、口に出して言ってみるなど繰り返しの反復動作で身体に慣れさせることにより、良好な記憶メカニズムを生出すといわれています。 こうして繰り返し行った情報がようやく長期記憶へと辿り着きます。つまり、入ってきた情報は聞いているだけでは特別な能力がない限り簡単に身につかないのです。

上記の点を考慮し、本学では履修記憶を容易にするため、全ての授業1ターム(前/後期)のスタート前にシラバス(進行予定表)を配布し、6ヶ月先までのカリキュラム項目をステップ式にわかりやすく詳細にまとめ、実技を繰り返し行う事による身体記憶修法によるプログラムメリットシステムを起用しています。
上・下の図にある様に2ターム目には、前期で学んだ内容が頭に残った上でカリキュラム受講を行い、各カリキュラム・項目が互いにリンクし、確認と共に理解を助けるシステムです。
Step1~Step4
次にディスカッション形式の授業を行い、それぞれの内容が記憶に留められ、更に能力に応じたアドバイス及び個別指導を可能にしています。技術レベル向上の確認と共に自然に身につくという卓越した教育システムです。


整体・カイロプラクティック 学校|HPC東京 Hands Practice College - きめ細やかなフォロー!
少人数制だから出来る密度の濃い授業

少人数制だからこそ出来る密度の濃い授業

この職種は、技術力による結果が出せるか否かで集客が異なってくる世界ですので、日々「着実にできるようになる」ことが優先されます。そのためには、個々の技術チェックを担当講師からその都度受けられる環境が大切です。個々に於ける進捗状況の把握と技術チェックを細かく行う為、当校では少人数制による授業進行です。


整体・カイロプラクティック 学校|HPC東京 Hands Practice College - 実践的授業でメキメキ上達!
習うより慣れる

HPC東京では、Practice Makes Perfect !(習うより慣れる!)を基本とした実技中心のプログラムが確立していますので、毎回のレッスンが楽しく着実に身についてきます。


整体・カイロプラクティック 学校|HPC東京 Hands Practice College - 引き出しの多さが自慢!
幅広い応用力を身につけられる

当校出身者は多種技術を身体で体験しながら習得。知識・技術面に於いて沢山の「引き出し」を持っていることから患者さんの症状に対し幅広い対応力を備えています。姿勢分析を中心とするCBPテクニックをはじめディバーシファイド・トムソン・ダイレクト(ガンステッド&オステオパシー)AKA・アクチベーター・ブロック調整法・つぼ整体法・リフレクソロジー等、わかりやすく幅広い技術を身につける事ができます。


資料請求 お問い合わせ

表示:モバイル | パソコン

PAGE TOP