コース紹介

HOME

トップ > コース紹介

コース紹介 基本科+専科

AACP (アメリカカイロ医師学会)監修プログラム。

プログラムは、AACP (アメリカカイロプラクティック医師学会)監修による 実践テクニック/各種検査法/基礎医学を三位一体でバランスよく習得。基本科は、トータルケア(テクニック)を中心とした授業構成(実技70%)で進行します。 カイロ専科では、臨床技術(クリニカルメソッド )に重点を置き、老若男女を問わず症状別に対処できる療法を学びます。米国カイロプラクティック教育をベースにオーセンティックな技術を実践かつ効率的に習得できます。

基本科+専科


カイロプラクティックは哲学/科学を根底として、基礎医学・各種検査法を基としてテク二ックが成り立っています。アメリカのカイロプラクティック大学の教育年限は6年間4200hです。そのうち2347hを基礎医学が占め、カイロ教育はインターンを含め1853hです。 当カレッジは年間休日を削減。インターンを除く1420h(2年間)実技中心のプログラム進行




カイロ専科(次年度)では、
カイロ施術を行う前段階に於ける症状に適した鑑別診断、心と体のバランス調整と能力を養います。2年次の必要な理論・知識を予め考慮したプログラムを初年度、反復動作にて身体で覚え臨床時に自然に行える様、個別指導とディスカッションによって実践力を養っています。 テクニック誤習の軌道修正と実力確認テストを定期的に実施しています。また、2年次には初年度の授業(無料)を再受講し、補うことも…


実践カリキュラム 基本科(初年度)
Total Basic Course

身体の構造や働きを学び豊富な知識を蓄え、疾病の原因を分析する為の判断力の育成。
 身体の構造・働きを学び検査法&テクニックを複合的に習得。
実践カリキュラム 基本科(初年度)

 カイロプラクティック概論

哲学・科学・芸術

カイロプラクティックは哲学・科学・芸術の上に成立ちこれらを踏まえた上で知識/技術を学習し、カイロプラクティックを施す意義をより深く理解。

 基礎医学

解剖生理学・病理学・脊柱学・栄養学・診断学

はじめて勉強する人にもわかりやすく理解出来る授業として、解剖学(人体構造)生理学(動き)病理学(起因する病気)など相互の内容が繋がるよう配慮。具体的症例を取り上げ、実践に役立つ内容。栄養学では、疾患に応じた食事法、栄養補給に伴う注意点までケアの方法を学びます。

 各種検査法

カイロプラクティック検査
整形外科的検査法
神経学検査・筋力検査

各種検査を解説と共に技術を学習。カイロプラクティック検査法では、触診による動態検査(モーションパルベーション)を中心に脊柱に於ける神経圧迫の特定を行うリスティングシステムと共に。レントゲン写真解析による判別法も併せて実施。

 テクニック

ディバーシファイドテクニック
筋力検査&ブロックテクニック
トムソンテクニック・CBP

ディバーシファイド(多種多様)テクニックは、カイロプラクティックの基本技術をベースとして多種の技術が成り立っています。勿論、応用に入る場合もこの技術がベースです。アメリカで使われている技術理論と現代日本の技術理論を体別し、日本人の体形に合わせた双方の利点を踏まえ、テクニック全般をD.C.(Doctor of Chiropractice)が指導。

 経路マニュピュレーション・リフレクソロジー/ メンタルセラピー

経路マニュピュレーションは、経絡(ツボ)を中心にアプローチする筋肉弛緩法。カイロプラクティック矯正の前の筋肉緊張をほぐすために有効且つ、スグに使える技術。
リフレクソロジーは、足裏反射ゾーンに刺激を加わえ、健康改善をはかるリラクゼーション法。脊柱矯正を考慮した身体改善に有効なプロ技術を専任講師により徹底指導。 協会ディプロマ(修了証)発行。 本学顧問精神科医によるメンタルセラピー授業を行っています。

臨床カリキュラム 専科(次年度)
Cliniical Advance Course

老若男女を年代別に検証。幅広く対応できるテクニック/知識を実践を交え習得!難易度の高い臨床技術とクリニカルメソッドを中心とした構成
臨床カリキュラム 専科(次年度)

 Div. 臨床テクニック&P.M.C.(患者管理指導法)

カイロプラクティック診断法と基礎テクニック(Div.T)から応用テクニックを臨床現場の状況を段階的にシミュレーションし、患者管理/教育及びマネージメント法を解説・指導。

 ダイレクトテクニック

C.S.ガンステッド博士考案のテクニックやオステオパシーの直接法をベースにして、相互のテクニックに共通する固定・角度・力の配分に気を配り、応用実践を踏まえた臨床技術の習得を目的。

 臨床学 P.B.L (Problem Base Learning)

症例テーマに沿った基礎医学各種検査方法。テクニックの臨床上に於ける不明な点を課題研究として、円滑な状況判断を行い、問題解決へと導くアメリカ最先端のカリキュラム。

 機能解剖・内科学

基礎医学をベーストとした関節の機能病理・バイオメカニクスなど、内科学を踏まえ、カルテの記入法から問診の方法に至るまで知識補充と実践法を習得。

 産・婦人科学

お産に関する医学知識や、女性特有の婦人系疾患へのケアと対処法など。メカニズムを理解することで、体型の調整など美容矯正へと応用可能。

 運動学・実践リハビリテーション

各疾患の初期症状から鑑別診断を行い、AKA関節運動学による臨床実技、高齢者や負傷者へのリハビリテーション論を交えた学習。

 健康管理士一般指導員 資格取得クラス

健康管理学~食事療法、心の健康カウンセリングに至るまで健康の専門家であるための必須項目を学んでいきます。認定資格試験は指定校である本学内にて実施。

 CPR (心肺蘇生法)

国際救命救急教会認定講師により、理論と人名を預かる上での注意と初動作など習得。認定資格試験を学内にて行い、国際ライセンスのパスカード発行も…

資料請求 お問い合わせ

表示:モバイル | パソコン

PAGE TOP