米国で活躍するカイロプラクティック医からのメッセージ !!   

    これからカイロプラクターを目指す方への推薦校 


            

     日本体育大学卒業後、TOFEL取得・・・渡米
     クリーブランドカイロプラクティック大学 L.A校卒.

   “大学4年のとき教育実習後に教員採用試験も合格し”教師の道を志したのも束の間、ハンズ
   プラクティスカレッジ(HPC東京)の理事をしていた父の一言で私の進路は180度変わりまし
   た。父に詳しく話を聞いてみると、アメリカに於いてはカイロプラクターはドクターとして
   認知されていて、薬の投与は一切行わず自然治癒を促進する治療方法である事に益々興味が
   湧いてきました。

   調べていく内にアメリカに於けるカイロプラクティックは開業権があり、保険が使える一般
   的な医療機関であることを知りました。医科大学レベルの授業を英語で受け理解できるくら
   いの英語力(検定)が必要であった為、少しためらいもありましたがTOFEL550点以上の入学
   条件をパスし、決心した1年後すぐに渡米していました。

   実際にカイロの大学での授業は想像以上に大変でしたが、すばらしいクラスメートにも恵ま
   れ、規定年数で卒業することができました。しかし、学歴や資格には厳しいアメリカ。
   卒業してもドクターとしてスグに働ける訳ではありません。4段階ある国家試験を合格した
   後、自分の働きたい州の法律に関する試験に合格後にアメリカ政府公認カイロプラクターと
   して働くことができます。
   男女平等である故に女性であるという甘えも許されず、予定通りにパスはしましたが今度は
   卒業後から更に外国人であるハンディで大変な苦労が待ち受けていました...
   渡米から十数年経った今では、アメリカ人医師と結婚し、子育てなど周りの皆さんの協力に
   よって、米国の病院にて働いています。




    日本でこれからカイロプラクターを目指している方々へ

    カイロは“力”がないと治療できないなんて思わないでください。ある程度のスピードと
   タイミング。そして患者さんがリラックスした状態が望まれますので、そこに導いてあげる
   ことも大切なお仕事です。治療者の自信にみなぎった手の感触を患者さんは敏感に感じ取り
   リラックスして貰うことにあります。特に女性の小さくキャシャな手は老若男女を問わず、
   簡単にリラックスを与える魔法の手なのです。
   その手によって丁寧に治療をすれば、患者さんに感謝されること間違いありません。
   沢山の療法がある中で実際、カイロプラクティックにしか出来ないケアや内容も沢山あります。
     
   私もこちらで首の太い人や胴体が丸太のような体格や2m級の人等たくさん患者さんとして
   来院されますが、皆さん一様に“こんな小さいアジア人の女性ドクターがアジャスト(矯正)
   できる筈がないという目”で私を見ます。そんな時こそ、不意をついてアジャストすると皆
   さん一様にビックリ!!されます。((笑))女性のプラス部分の活用にて、女性にしか分から
   ない婦人科系疾患や出産、更年期障害など含めたきめ細かいアドバイスやサービスも可能です。
   
   常勤アメリカ人D.C.と日本人D.C.のコラボによるハイレベルな授業を提供してくれる学校は
   今も昔も日本ではHPC以外他にはなく、実力を持つカイロプラクターが増える事は、日本
   のカイロ界にとり、いえ、日本にとっての財産であると確信いたします。
    カイロプラクティックは他の療法に比べ、理論やテクニックが医学的根拠に基づいており、
   治療内容も容易に納得して貰え、利用者皆さんに喜こばれるすばらしいお仕事です。
   最初に来院された方が日に日に良くなられ、感謝の言葉を頂く度にこの職業を選んで本当に
    良かったと感じます。あなたも是非、HPCでカイロプラクターを目指してみてください。
   実際やってみるととても魅力ある世界ですよ!
   
   時折、帰国していますので機会があれば、皆さんとお会いできる日を楽しみにしてます。

                                  Maki Kikuiri D.C.





PAGE TOP